使用例

水の種類は選ぶことができるの?

ウォーターサーバーを導入するにあたって、ぜひ気にかけてもらいたいのが水の種類です。
ウォーターサーバーに使われている水は、大きく分けて天然水とRO水があります。
天然水とは、厳しい基準で管理されている決まった水源で採ることができる地下水や湧水をパックしたものです。

採水地によって、硬度や含まれている成分に違いがあるため、味わいや口当たりなどにも差があります。
RO水は、水源地から採取した水を、人工的にろ過し、不純物を徹底的に摂り除いた純水と呼ばれるものになります。
赤ちゃんや病人など、内臓が弱い人は、水に含まれるミネラル成分が負担となり、下痢を引き起こすことがあるのですが、RO水であれば安心して飲むことができます。

このように、それぞれにメリットがあるため、家族の状態やライフスタイル、好みに合わせて水の種類を選択すると良いと思います。
ウォーターサーバーのメーカーの中には、いくつかの種類の水の中から、ご家庭に宅配する水を選ぶことができるというものもあります。
特に天然水に関しては、採水地によって含まれているミネラル量が大きく違うため、好みも大きく分かれます。

もちろん、契約の途中で種類の変更をすることも可能ですので、色々な種類の天然水を飲み比べてみるという方法も良いですね。
また、子どもが小さいうちはRO水を利用し、大きくなってきてから天然水に変更するという方法もできます。
もしも、水の種類について選ぶことができなくて困っているという方は、様々な種類の水を取り扱っているメーカーでウォーターサーバーを利用すると、比較検討したり変更したりしやすいので安心ですね。

ちなみによく選ばれる人気の高い水のひとつが、富士の天然バナジウムと呼ばれるものです。
メーカーによって呼び方が異なりますが、富士山の周辺にあるバサルト層と呼ばれるところから溶け出る、バナジウムという成分が豊富に含まれている水のことを指します。
バナジウムは血糖値を下げる働きがあり、また脂肪を蓄える働きを抑制し、代謝をアップさせてくれる作用があるため、健康にもダイエットにも良い成分なのです。
バナジウムが含まれていれば何でも良いのかというと、そういうわけでもなく、採水地によってその量も異なってくるため、バナジウムにこだわるのであれば、その成分を比較検討してから決めると良いですね。

Site Menu

Copyright(C) 2013 生きていくには欠かせない大切な物 All Rights Reserved.