使用例

毎日飲む水にはこだわりたい

人間の半分以上は水分でできていると言われているくらい、水というのは私たちにとって必要不可欠なものです。
健康のために、毎日水を意識的に飲むようにしているという方も多くいます。
そんな水を、せっかくならばこだわったものにしたいと思っている方もたくさんいるのではないでしょうか。

ウォーターサーバーの水は、実はメーカーによって様々な種類があります。
中には、いくつかの採水地から選ぶことができるというものもあり、それだけユーザー側も採水地にこだわりがあるということがわかりますね。
多くのウォーターサーバーメーカーが利用している採水地は、西日本が中心となっています。

採水地によって、硬度や含まれているミネラル分に違いがあるため、飲み比べてみるとその違いがわかるようです。
どの採水地でも、非常に厳しい水質検査を行っていますが、最近では特に放射線の検査を強化しており、ホームページ上で発表をしているようです。
そのため、水質に関してそれほど心配をする必要は無いでしょう。

美味しい水である」と感じる条件は、個人の好みにもよりますが、日本人は基本的に軟水に慣れているため、硬度が30〜50ほどのものが好まれる傾向にあるようです。
また、クラスターと呼ばれる水分子の細かさも重要であり、一般的に美味しいと言われている天然水は非常に細かい水分子で構成されているそうです。
水分子が細かいということは、その分身体への浸透力も高いということになり、代謝が活発になったり、お料理が美味しくなったりというメリットがあります。
こういったことから、ウォーターサーバーの中でも天然水は非常に人気が高いようです。

美容に良い水として注目されているのはhttp://www.h2oforlifeschooltoschool.org/18.htmlで紹介されている「酸性水」です。

ちなみに、ウォーターサーバーのお水を赤ちゃんや子どもに安心して与えたいと思っている方が多いようですが、そのときに特に注意しなくてはならないのが、含まれているミネラルの量です。
大人にとっては健康に良いとされるミネラルも、内臓が未発達な赤ちゃんにとっては非常に負担が大きいものです。

そのため、ミネラル分が高すぎる水は下痢を起こす可能性があるそうです。
なので、赤ちゃんや子どもに安心して与えられる水を選ぶのであれば、ミネラル分の少ない軟水を選ぶようにすると安心ですね。
このように、それぞれの家庭や個人のライフスタイルによって、適切な水というのは若干異なります。
そのため、そういったことを意識してウォーターサーバーの水の種類を選ぶようにすると良いですね。

Site Menu

Copyright(C) 2013 生きていくには欠かせない大切な物 All Rights Reserved.