使用例

空になった容器はどうなるの?

ウォーターサーバーは、水の入ったボトルをサーバーに設置し、中の水が無くなったらまた新しい水の入ったボトルを使用する…というように使います。
この水の入ったボトル、空になってしまったら一体どうすればいいのでしょうか。
それは、ボトルの種類によっても異なりますので、種類ごとにどうしたらいいのか説明しましょう。

まず、ボトルにはガロンボトルというプラスチック製のボトルと、ソフトボトル(ワンウェイボトル)という水が無くなると同時に小さくなっていくボトルの2種類があります。
ガロンボトルは、衝撃にも強くて丈夫なので、何度も再利用することができます。
そのため、ガロンボトルを使った水の宅配サービスの場合は、空になったボトルを業者が回収し、また再利用されることになります。

ゴミが出ないので、環境に良いのですが、業者が回収に来るまでの間は、自宅に保管しておかなくてはならないという点がデメリットであると言えます。
ボトルの種類や形状によっては、重ね置きすることができないものもあるので、そういったタイプであった場合は空ボトルが置き場所をとってしまい、非常に不便だということもあります。
業者の中には、空ボトルの回収時に立ち会いをしなければならない場合もあるため、仕事で帰宅が遅くなることが多いという方や、生活が不規則だという方には不便に思う点が多いかもしれません。

一方、ソフトボトルはポリエチレン製の容器など、柔らかい素材でできているため、使用後はそのまま小さく折りたたんで、家庭ごみとして処分することができます。
空になった容器を業者が来るまで置いておくという必要もありませんし、何より軽くて邪魔になりにくいという点で、近年では人気が高まっているようです。
ガロンボトルも再利用とはいえ、きちんと衛生面を管理しているので安心ですが、ソフトボトルは毎回必ず新品のボトルを使用しているため、より衛生面を気にするという方はソフトボトルの方が良いかもしれませんね。
このように、空になった容器の行方はボトルの種類によって異なるのです。

Site Menu

Copyright(C) 2013 生きていくには欠かせない大切な物 All Rights Reserved.