使用例

各社ウォーターサーバーを比較してみよう

今は、色々な会社でウォーターサーバーを取り扱うようになりました。
全国区対象のウォーターサーバー会社だけでなく、地域が限定されている会社まで様々です。
配送地域が様々であるだけでなく、サービス内容や価格も会社によって異なります。

人気のランキングなどを参考にして選ぶのも良いですが、自分に合ったサービス内容や条件を比較して選ぶ方がオススメですよ。
では、どんな点を比較すれば良いのか、ご紹介しましょう。
まず、配送地域についてです。

全国区対象のウォーターサーバー会社であっても、近くにフランチャイズ店や支店が無い場合は、配送してもらえないこともあるので、確認しておくことが大切です。
引っ越しが多いという方や、お仕事などの都合で転勤の可能性があるという方は、引っ越した先でも使用を続けることができるような会社を選ぶと安心です。
会社によっては、転居先でも手続をすることで使用を続けることができるところもありますから、そういった会社を選んでおくと安心ですね。

引っ越す可能性がある方は、地域限定のウォーターサーバー会社でなく、全国区対象の会社を選んでおくということも大切です。
引っ越し時に解約をして、引っ越し先でまた新たに違うウォーターサーバー会社を契約すればいいという考えもありますが、解約金がかかることもありますし、継続して利用することで料金が安くなるというところもあるの
で、そういったことを考えると、できるだけ会社を頻繁に変更しないほうがいいかもしれませんね。

水のボトル配送方法や、ボトルの種類にも注目すると良いです。
水のボトルの配送は、基本的に無料であることが多いのですが、最低配送本数が会社によって決められており、2本というところもあれば4本というところもあります。
家族が多く、消費量が多いという家庭ならばいいのですが、単身者や夫婦だけなど家族が少ないような家庭では、あまりに多い本数を在庫で持っておくのも、負担になってしまうと思います。

配送本数にも注目してみましょう。
ボトルの種類は、基本的にプラスチック製のガロンボトルと、ソフトボトルとがあります。
ガロンボトルは再利用されるので、空になったらそのまま業者が回収してくれますが、回収してもらうまで自宅で大きなボトルを保管しておく必要があります。
ソフトボトルは、水が空になったらそのまま小さく畳んで家庭ごみとして処分することができるので、回収は必要ありませんが、使い捨てである分料金が割高になっています。

こういったメリットデメリットがあるので、家庭の事情に合わせて選択するといいでしょう。
水の種類も、会社によって異なっています。
大きく分けて天然水とRO水とがあるのですが、天然水は採水地によっては高額となる場合がありますが、美味しさの面ではお墨付きです。
RO水は、不純物を完全に取り除く処理をしているため、赤ちゃんや病人にも安心して与えることができます。

会社によっては、いくつかの種類の水の中から選択することができるところもありますから、そういったところを選んでおけば、途中で変更することも可能ですから安心ですね。
このように、各ウォーターサーバー会社によって機能やサービスが異なっています。
誰にとっても絶対に一番だという会社は存在しません。
自身のライフスタイルや好み、事情に合った条件を元に、色々な会社を比較してみるといいでしょう。

Site Menu

Copyright(C) 2013 生きていくには欠かせない大切な物 All Rights Reserved.