使用例

ウォーターサーバーは買い取りとレンタルでどう違うの?

最近では、病院や会社だけでなく、一般家庭でもよく利用されるようになってきたウォーターサーバー。
一般家庭で利用されているウォーターサーバーのほとんどは、業者からのレンタルとなっています。
レンタル費用は無料のところから1か月500円から1000円ほどかかるところまで、業者によって様々です。

そんなウォーターサーバーですが、実は買い取りをすることができるということをご存知でしょうか。
そして、買い取りをしたほうがお得になることもあるのです。
ウォーターサーバーの買い取りについて、ご紹介します。

ウォーターサーバーを長期的に利用したいと考えているのであれば、毎月レンタル代金を払うよりも、思い切って買い取りをしてしまったほうがお得になる場合があります。
ウォーターサーバーの代金は、サーバーの種類にもよりますが安いものは数万円から購入することが可能です。
月々1000円かかるのであれば、年間で12000円ですから、何年も使用するということであれば買い取りをしたほうが結果的に安く済むということになりますね。

ただ、買い取りをしてしまった場合は、その後のメンテナンスも自身で支払をする必要があります。
レンタル代金の中にはメンテナンスの代金が含まれているというものも多いため、何らかのトラブルがあったとしても修理代金や備品の交換代金がそれ以上かからないようになっています。
ですが買い取りの場合は、そういった費用もすべて実費になるので注意が必要です。

そして何といっても最大のデメリットは、買い取りをしたウォーターサーバーの業者が倒産してしまったら、どうにもならなくなってしまうということです。
他の業者のウォーターボトルを設置して使うというわけにもいきませんから、倒産してしまったらただのゴミになってしまうのです。
そういったデメリットも把握した上で、長くお付き合いできるような信頼できるウォーターサーバーの業者での買い取りを検討するといいでしょう。

Site Menu

Copyright(C) 2013 生きていくには欠かせない大切な物 All Rights Reserved.