使用例

ガロンボトルとソフトボトルのメリットデメリット

ウォーターサーバーに使われている水が入ったボトルには、ガロンボトルとソフトボトルとがあります。
それぞれにメリットデメリットが存在するので、そのことについてご紹介したいと思います。
まず、ガロンボトルというのは、硬いプラスチック製のボトルで、基本的に再利用して何度も使われることなります。

そのため、業者が空になった容器を回収してくれるため、自分で容器の処分をしたりする必要が無いので楽ですし、何より環境に良いですよね。
その他のメリットとしては、ボトルの交換が楽という点です。
空になったボトルを外して、そのまま新しいボトルを設置するだけで良いので、交換作業はとても楽であると言われています。

以前に、ガロンボトルは不衛生なのではないかと言われていたことがありました。
というのも、ボトルの性質上、水を出すたびに外気がボトル内に入ってしまい、そこから雑菌が繁殖してしまうのではないかと言われていたからです。
しかし実際のところはその心配は全く無く、外気の取り込み口にフィルタがあるため、雑菌などが入り込む問題は無いのだそうです。

また、メーカーによってはサーバー自体がUV殺菌の機能を持ったものもあるため、開封して1か月くらいで使い切るのであれば、衛生面では全く問題ないとされています。
デメリットを挙げるならば、ボトル容器の置き場所に困るという点でしょうか。
重ねて置くことができるタイプならば良いのですが、重ねることができなければ、業者が回収に来るまで空のボトル容器はものすごく置き場に困ります。

また、ボトルを回収に来るとき、立ち会わなければならないという手間もあります。
一方、ソフトボトルというのは、水が減っていくのと一緒に容器も小さくなっていき、空になったら小さく畳んで家庭で捨てることができるボトルのことを指します。
そのため、業者の回収がいらない使い捨ての容器であるということになります。

ソフトボトルは、なんといっても空になったときにかさばらずに処分することができるという点が大きなメリットです。
アパートなど部屋が手狭で、空ボトルを置くスペースが少ないという方にはオススメです。
また、ボトルの回収で立ち会う必要も無いので、仕事などで普段から家を空けることが多いという方や、帰宅が遅いという方にもオススメですね。

デメリットとしては、どうしてもボトルの再利用ができないということで、ガロンボトルに比べて値段が割高になってしまうということです。
少しでも値段を抑えたいという方や、環境を気にする方はガロンボトルを選ぶと良いかもしれませんね。
それぞれのメリット、デメリットを理解し、自分のライフスタイルや好みに合ったタイプのボトルを選択しましょう。

Site Menu

Copyright(C) 2013 生きていくには欠かせない大切な物 All Rights Reserved.