使用例

ウォーターサーバーの水はどんな水?

市販されている水は、天然水やミネラルウォーター、純水など様々な種類がありますね。
では、最近一般家庭にも多く普及しているウォーターサーバーに使われている水は、一体どんな水なのでしょうか。
ウォーターサーバーの水は、大きく分けて天然水とRO水とに分けられます。

天然水は、厳重に管理された水源地の地下などから汲み上げた水のことで、採水地によって、含まれているミネラルの配合や量、硬度、口当たり、味わいなどが異なります。
加熱殺菌など以外の、科学的な処理をしていないため、水そのものの味わいを楽しみたいという方や、天然水に含まれている豊富なミネラル分を摂取したいという健康志向な方に人気があります。
中でも富士のバナジウム水は人気の高い天然水のひとつで、多くの業者が取り扱っているようです。

一方、RO水は人工的に不純物などを排除したもので、ほぼ純水に近い状態の水のことを指します。
RO膜と呼ばれる0.0001ミクロンのサイズのフィルターを通して濾過することで、不純物だけでなく、重金属や細菌などが徹底的に取り除かれます。
RO膜を通すことで、ミネラル分も一緒に取り除かれてしまうため、味わいを出すために、人工的にミネラル分を加えることもあるようです。

ミネラル分は、赤ちゃんや肝臓が弱った病人にとっては、身体に負担となることがあります。
そのため、そうした家庭ではミネラル分が抑えられている、RO水を選択されることが多いようです。
どの水が一番良いのかというと、それは個人のライフスタイルや好みによって異なるので、断言することはできません。

特に天然水に関しては、採水地によって味わいが異なってくるため、個人の好みによるものが大きくなります。
業者の中には、天然水の採水地を選ぶことができたり、RO水と天然水とを選ぶことができたりするものもあります。
なので、どんな水にしようか迷っているという方は、水の選択肢があるような業者を選び、飲み比べをしてみてもいいでしょう。
また、赤ちゃんが小さいうちはRO水にし、大きくなってきてから天然水に切り替えるという方法をとるのもいいですね。
水によって、それぞれメリットがあるので、自分のライフスタイルと合わせて最適なものを選ぶといいですね。

よくスーパーなどで売られているミネラルウォーターは海外製の商品が多いように思われます。
海外製で日本人に馴染み深いミネラルウォーターがhttp://www.landnp.jp/kaiga.htmlで紹介されています。
こちらで紹介されている種類がウォーターサーバーで利用できるのであれば是非試してみてください。

Site Menu

Copyright(C) 2013 生きていくには欠かせない大切な物 All Rights Reserved.