使用例

ウォーターサーバーでどんなことができるの?

最近、一般家庭での需要が増えているウォーターサーバーですが、実際にはどんなことができるのでしょうか。
細かい機能面は、各メーカーによって違いがありますが、まずは基本的な機能についてご紹介します。
ウォーターサーバーは、冷水と温水を出すことができます。

水が宅配されたときは当然常温の状態なのですが、サーバー内で水を冷やしたり温めたりすることで、欲しいときにいつでも利用できるようになっています。
使用電力は、電気ポットと変わらない程度だと言われていますが、1台で冷水と温水とを出すことができるウォーターサーバーのほうが使い勝手が良いですよね。
また、特に赤ちゃんがいる家庭では、ミルク用のお湯を沸かす手間なく、すぐにミルク作りができるという点でも便利です。

もちろん、コーヒーやお茶作りにも最適なので、突然の来客時でも慌てなくて済みますね。
お湯が出るということで不安なのが、誤操作による火傷です。
特に小さなお子様がいるご家庭では、子どもがサーバーに触れてお湯が出てしまい、火傷を負ってしまうことが考えられます。

そのため、ほとんどのサーバーではチャイルドロックが採用されています。
ロックの解除方法などはメーカーによって若干異なりますが、子どもが簡単にお湯を出してしまわないように工夫がされているため、安心してリビングに置いておくことができます。
ワンウェイボトルと呼ばれるタイプのボトルに、ほとんど採用されているのが無菌エアーシステムというものです。

これは、水をボトルから出すときに、外気がボトル内部に入り込まないよう、ボトル自体が水が減った分縮んでいくというものです。
そのため、ボトル内の水が常に密閉された状態となり、鮮度を落とすことなく使い続けることができるのです。
開封したからといって、急いで使い切る必要がないので、単身者や家族が少ないという家庭でも安心して使うことができますね。

これらが基本的なウォーターサーバーの機能となります。
この他にも、メーカーによって独自の機能が搭載されているものもあります。
たとえば、ウォーターサーバーを設置することによって月々1000円ほどの電気代がかかると言われているのですが、その電気代を少しでも安くするために消費電力を半分以上に抑えた省エネタイプのものも存在します。
ウォーターサーバー業界は激戦状態でもあるので、他のメーカーとの差をつけようと様々な機能を搭載したものが存在しますし、これからも登場し続けると考えられます。
基本的な機能以外の便利な機能が、これからも増えていくかもしれませんね。

ウォーターサーバーで利用できるミネラルウォーターの種類は各メーカーによって異なりますが、軟水と硬水どちらとも利用できるメーカーが多いです。
軟水と硬水についてはhttp://www.creativebyepic.com/ek.htmlで詳しく解説されていますのでご覧ください。

ここから先は多くのメーカーで利用することができ人気が高いミネラルウォーターをいくつか紹介したいと思います。

▼バナジウムが入っているミネラルウォーターはこちら
http://www.434343.com/banajiumu.html

▼海洋深層水についてはこちら
http://b0o.com/kaiyousinsousui.html

▼赤ちゃんがいる家庭におすすめのRO水はこちら
http://www.cafeallegromusic.com/Company.html

▼水素結合水についてはこちら
http://www.dracutplumbing.com/09.html

Site Menu

Copyright(C) 2013 生きていくには欠かせない大切な物 All Rights Reserved.