使用例

ウォーターサーバーの電気代はどれくらい?

ウォーターサーバーは、ワンプッシュでいつでも冷たく冷えた水や、熱いお湯を出すことができるため、それを維持するための電気代が相当かかるのではないかと思われている方も多いようです。
実際は、どれくらいのものなのでしょうか。
メーカーや、ウォーターサーバーの設置場所などにもよりますが、24時間電源を入れっぱなしの状態で、だいたい月々1000円前後になるようです。

これは、電気ポットを24時間使用し続けているときとほぼ変わらない電気代であると言われています。
しかし、ウォーターサーバーはポットと違って、熱いお湯だけでなく冷たい水も出すことができるということから、冷たい飲み物を出すために冷蔵庫を何度も開け閉めしたりすることを考えると、ウォーターサーバーの方が割安になるのではないかと思われます。
また、最近では節電対策をしたウォーターサーバーも登場してきたため、そういったタイプを使用することによって、より電気代が下がってくると考えられます。

こういったことから、ウォーターサーバーの電気代についてはそれほど深刻に考える必要は無いということがわかります。
ウォーターサーバーの電気代を少しでも節約したいという方は、冷水や温水の設定温度を変えるという方法が有効であると言われています。
冷水の場合は少し高めに。
温水の場合は少し低めに。

つまり、常温に少しでも近い状態の温度にすることで、電気代を節約することができるようです。
特に温水に関しては、冷水に比べてより多くの電力を使うため、温水の温度設定を低くすると特に効果的であるそうです。
電気代以外で比較すべき費用面は、サーバーのレンタル代金やメンテナンス費用などの維持費です。
その他にも水の代金、配送代金、またその他手数料などが必要となるため、サーバーのレンタル代金が無料であっても、その他の費用が割高な場合もありますから、トータルで考えて費用を比較する必要があります。
また、費用だけでなくサービス内容にもメーカーによって違いがあるので、そういった面にも注意をして検討しましょう。

Site Menu

Copyright(C) 2013 生きていくには欠かせない大切な物 All Rights Reserved.