使用例

ウォーターサーバーの安全性は?

ウォーターサーバーを利用するにあたって、安全性はしっかりしているのかということを心配される方は多いようです。
今のところ、ウォーターサーバーに関する大きな事故が起きたというニュースはありません。
しかし、これから利用するにあたって、安全に使用することができるかということに関して、しっかりとチェックしておく必要はあります。

では、どういった点をチェックすれば良いのでしょうか。
まず、水の質です。
ウォーターサーバーに使用されている水は、主に天然水とRO水とがあります。

天然水は、厳しく管理された水源地の地下から採水されたもので、RO水はサーバー会社指定の採水地から採水した水、特殊なフィルターで不純物を完全に濾過して純水にしたものです。
天然水に関しては、水源地の水質管理を徹底的に行っているという会社を選ぶと安心です。
たとえば、ホームページ上で常に水源地の水質管理結果を表示したりしているようであれば、安心してそこの水を使うことができますよね。

放射線の検査を行っているかという点もチェックしておくと良いでしょう。
RO水は、元の水が天然水であろうが水道水であろうが、徹底的に不純物を取り除いてしまうため、安全性の面では天然水より安全であると言えます。
ただ、ミネラル分も同時に取り除かれてしまうため、後から人工的にミネラル分を加えるということになるので、その面で安全な方法で行われているのかということをチェックしておくといいですね。

誰もが知っているような大手のウォーターサーバー会社であれば、こういったことは基本的には心配しなくても良いですが、新しい会社や、あまり名前を聞かない会社の場合は、よく調べてから利用するようにしましょう。
次に、自宅に設置するサーバーの仕組みについてです。
ウォーターサーバーによる事故で最も多いのが、子どもや赤ちゃんが、サーバーから出るお湯で火傷をしてしまうというケースです。
多くのサーバーが、チャイルドロックを採用しており、簡単にお湯が出ないように工夫がされているのですが、そのロックの方法によっては蛇口部分が熱くなってしまっていて、火傷をしてしまうなどというケースもあるようです。

なので、チャイルドロックがしてあるから絶対に安心かというと、そういうわけでもありません。
もちろん、利用者の管理や注意もとても重要なのですが、口コミなどでチャイルドロックの方法などもチェックしておくと安心です。
また、サーバーで水の品質維持がきちんとできるかということも重要です。

水のボトルの中に空気が入ってしまうと、そこから雑菌や細菌が繁殖してしまいます。
基本的には、たとえ空気に触れても開封した水のボトルは指定された賞味期限内に使用すれば問題ないとは言われていますが、それでも少しでも空気に触れる機会が少ない方が安全であるということは確かです。
最近では、真空パックになっていて最後まで空気に触れずに使い切ることができるようなタイプのボトルも存在するので、気になる方はそういったものを使用すると安心ですね。
このように、基本的にはそこまでウォーターサーバーで心配するようなことはありませんが、やはりあまり聞かないような会社や新しい会社を利用するという場合は、よく確認をしておいた方が安心です。
どうせならば、長く安心して使い続けることができるようなウォーターサーバーを選べるといいですね。

長くウォーターサーバーを利用するには定期的なメンテナンスが必要になってきます。
ウォーターサーバーのメンテナンス方法はこちらに詳しくかいてあるので参考にしていただきたいのですが、
年に一回業者がメンテナンスをしてくれるようです。

Site Menu

Copyright(C) 2013 生きていくには欠かせない大切な物 All Rights Reserved.