使用例

空き容器はどうやって処分するの?

ウォーターサーバーを、病院やスポーツジムなどで見かけたことはありますか?
サーバーには、非常に多くの水が入っていたのではないかと思います。
サーバーに入る水の量は、メーカーにもよりますが多くが12リットル入りになります。

2リットルのペットボトルでも結構な大きさになるのに、12リットルなんて、普段ウォーターサーバーを利用していないような方にとっては、驚くほどの大きさになりますよね。
しかし、これだけ大容量であるために、頻繁に交換する必要がありませんし、水が減ってきてしまったときの焦りを感じたりすることなく使用することができるので、やはりこのくらいの量があるというのはメリットも多いのです。
では、そんな大量の水が入った容器が空になってしまった場合、その空き容器はどうすればいいのでしょうか。

これは、主にサーバーに使われているボトルの種類によって異なります。
どのような違いがあるのでしょうか。
まず、一般的なウォーターサーバーに利用されているガロンボトルと呼ばれているボトル。

これは硬いプラスチック製のボトルで、非常に丈夫なものになっています。
水が無くなったら、空になった容器をそのまま取り外し、新しい容器をサーバーに設置するという方法で交換を行います。
空になった容器は、再利用されるために、業者が回収しに来てくれます。

ゴミが出ることが無いので環境に良いというのが、ガロンボトルタイプのメリットです。
しかし、業者が回収に来るまでの間、空のボトルの置き場所に困るという点が、デメリットと言えます。
特にボトル同士を重ねることができないようなタイプのものである場合、早めに業者に回収を依頼しないと12リットル容器がゴロゴロと散乱してしまう…なんてことになってしまいます。

最近人気が出てきているのがソフトボトルと呼ばれるタイプのもので、これは水がパックに入った状態で配送され、そのパックをそのままサーバーに設置することで使用することができるものです。
水が空になったら、パックは小さく折りたたんで家庭ゴミとして処分する、使い捨てとなります。
業者に回収してもらう手間が無いため、空き容器の保管に困らないという点がメリットです。

デメリットとしては、使い捨て容器であるために、ガロンボトルに比べてどうしても料金が割高になってしまうという点です。
料金をどうしても抑えたいという方は、ガロンボトルを選ぶと良いかもしれませんね。
一般的な空容器の処理方法について説明しましたが、業者によっては若干異なるところもあります。
契約を検討している業者の空き容器処分方法について、事前によくチェックしておくと良いでしょう。

Site Menu

Copyright(C) 2013 生きていくには欠かせない大切な物 All Rights Reserved.